福祉住環境コーディネーターに求められるコーディネート能力とは

今までは、住宅改善に関する相談は、
主に医療施設や福祉関連の公的機関、
住宅行政窓口、福祉用具販売店等で行われてきました。

 

ですが、そういった相談を最初に受けた窓口の専門性に強く影響され、
偏った判断をされてしまう事も少なくありませんでした。

 

しかし、福祉住環境コーディネーターは、
ひとつの専門的視点にかたよることなく、
さまざまな専門家の意見を聞き
住環境整備にあたります。

 

そして、浮き彫りにされたニーズを元に、
関連職種の専門家たちに、
どのようなニーズで、どのようにしたい・・・
という具体的な要望を出します。

 

福祉住環境コーディネーターと連携する主な専門職

 

医療関連職: 医師、看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、
      言語聴覚士、義肢装具士、リハビリテーション工学関連職、
      医療ソーシャルワーカーなど

 

福祉関連職: 社会福祉士、介護福祉士、行政福祉職、在宅介護支援センターの職員、
      ホームヘルパー、ケアマネジャー、ソーシャルワーカー、
      福祉用具専門相談員、福祉用具プランナーなど

 

地域の社会資源: ボランティア団体など

 

住額環境関連職: 建築士、工務店、福祉用具関連職、インテリアプランナー、
        インテリアコーディネーター、マンションリフォームマネジャー、
        増改築相談員、大工、建設会社・工務店の担当者など

 

 

このように、関連職種の専門家たちと連携し、
それぞれの力を十二分に発揮してもらう事が
高齢者や障害者一人ひとりに最適な住環境を提供するために必要な事です。

 

ですから、福祉住環境コーディネーターには、
専門家たちの力が十分に発揮できるように配慮する
コーディネート力が求められます。

 

また、住宅改修に関しては、家族から相談される事が多いのですが、
本人である高齢者は、住宅改修に消極的な場合も少なくありません。

 

年老いた自分に大きな費用をかけなくても良いと思っていたり、
環境の変化に対して不安をもっていたりするからです。

 

このような場合、本人が納得できるように、
福祉住環境コーディネーターは、
住環境整備によって介護者の負担を軽くする事ができる事を
十分に理解してもらう事が必要です。

 

また、福祉住環境コーディネーターは、
良き理解者であり、良き援助者として、
相談者との間に信頼関係を築く事が必要です。

 

そして、よく観察をして、本人や家族が気付かなかったニーズを
発見する事も必要でしょう。

 

さらに、住環境整備は、関連職種の専門家との連携によって進めます。
ですから、各専門家とも十分にコミュニケーションをとっておくことが必要です。