福祉住環境コーディネーターの資格取得のメリット

福祉住環境コーディネーターの資格を取得する事によって、
福祉・建築・医療の分野でのスキルアップが可能になります。

 

しかし、今現時点では、福祉住環境コーディネーターの資格だけでの求人は多くありません。

 

ですが、既に福祉や医療、建築で働いている人にとっては、
資格取得は大きなスキルアップにつながります。

 

建築業界では、バリアフリー住宅へのリフォームなど、
ニーズの高まりによって福祉関連、介護関連の分野の知識を持つ人材が求められます。
近年では、有資格者の採用や社内研修を行う建築会社やハウスメーカーも増えています。

 

また、福祉に携わる業界でも、
建築分野の知識を持つ人材が求められていますし、
医療や看護の分野では、保健や介護、リハビリにおいて
住環境に関する知識が仕事に役立つでしょう。

 

さらに、今後、これらの業界に就職や転職を考えている人にも、
各分野の基本的な知識の取得につながるため、
資格の取得は大きなメリットになりそうです。

福祉住環境コーディネーターと共に取りたい資格

福祉住環境コーディネーターの資格は、
それだけでは求人がなかなかないので、
他の資格と合わせて取ることで資格取得のメリットがひろがります。

 

・医療分野

 

看護師、保健師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、義肢装具士など

 

・福祉分野

 

介護福祉士、ケアマネジャー、社会福祉士など

 

・建築分野

 

インテリアプランナー、建築士、インテリアコーディネーター、マンションリフォームマネジャーなど