福祉住環境コーディネーターの活躍の場と将来性

福祉住環境コーディネーターは、医療、福祉、建築にわたる幅広い知識を備えているので、
住環境整備を中心とし、幅広い分野での活躍が期待されます。

 

建築業界では、建築士等の資格と併せて見識を持ち、
街づくりのプランナーとしての活動も期待されていますし、
福祉関連業界では、福祉用具のアドバイザーとしての活躍も期待されています。

 

さらに、新しい福祉用具の開発という面でも
力を発揮することでしょう。

 

行政関係でも、施策や福祉サービスの情報提供という仕事があります。

 

福祉住環境コーディネーターは、
このように、人々がなるべく自立した生活を送る事ができるように、
住環境の面から支援することが役割で、
その知識や技能を基盤とし、関連の業界で活躍する事が期待されています。

福祉住環境コーディネーターに求められる能力とは

バリアフリー住宅へのリフォーム、住環境整備をコーディネートする。

 

高齢者や障害者だけでなく、全ての人に優しい街づくりを提供する。

 

福祉用具や介護用品などの商品開発や販売で能力を発揮する。

 

施策や福祉関連サービスなどの情報提供や相談に対応する。

 

病院や施設、在宅介護支援センターなどで活躍できる能力。

福祉住環境コーディネーターの活躍が期待される場

・建築、整備、都市計画分野

 

住宅・住宅設備メーカー
都市計画事務所
建築設計事務所
工務店
建築会社
住宅リフォーム会社

 

・福祉分野

 

在宅介護支援センター
高齢者生活福祉センター
介護老人福祉施設
民間有料老人ホーム
ケアハウス
グループホーム
軽費老人ホーム
保険会社
福祉機器メーカー
福祉用具販売会社

 

・保健、医療分野

 

病院等の医療機関
介護療養型医療施設
介護老人保健施設
訪問看護ステーション

 

・その他

 

公共施設
教育機関
行政
民間福祉サービス施設
地域のボランティア団体

 

 

そして、福祉住環境コーディネーターは、その専門性の高さから
結びつきづらかった福祉・建築・医療の各分野を結ぶ資格でもあります。

 

さまざまな業界の人たちを結ぶ事によって、
今までにはなかった新しいニーズの発見をすることができますし、
コーディネート力によっては、多くのビジネスチャンスを新たに創造することができるかもしれません。

 

福祉住環境コーディネーターは、これからの将来性が大きく広がる資格であるといえるでしょう。